運行会社が提供してくれるバスナビサービス

公共的な交通手段としてバスがあります。路線バスとしては、市区町村などが運営する公営のものと、私鉄会社などが運営する民営のものがあります。それぞれで路線であったり、時刻表などを設定しています。バス停には時刻表のみが置かれているところが多いです。そこで利用すると便利なのが、運行会社が提供するバスナビサービスです。バス停の時刻表には、いつどこ行きのバスが来るかが記載されています。ただし、遅れなどはわかりません。鉄道の駅のように、今の状況がわからないことが多いです。インターネットに接続をして、情報を得ることができるサービスで、今の運行状況を知ることができます。乗りたいバスが今どのバス停にいるのか、後何分ぐらいでバス停まで来るのかなどの情報を知ることができます。遅れているときでも、いらいらせずに済みます。

観光地が広域で提供してくれるバスナビ

バスの運営は、民営、公営様々です。一般的な市区町村の場合、それほど多くの路線があるわけではありません。そのため、運営している業者もそれほど多くありません。一方、観光地であったり、都市部などだと複数の運営会社がいろいろな路線を持つことがあります。バスナビのシステムとして、観光地が広域に運営している場合があります。運営しているのは表向きは各都道府県や観光協会などです。実際に運営をしているのは特定のバス会社のこともあります。ただ、特定のバス会社の情報だけでなく、複数の会社の情報が利用できます。現在の位置、目的地などから利用すべきバスなどを教えてくれます。乗りたいバスの位置などがわかる場合があるので、どれくらい待てばよいか予測することができます。観光地では効率的に移動したい場合があるので、うまく活用すると観光しやすくなります。

特定の学校などが運営してるバスナビサービス

幼稚園から大学、その他自動車学校などは、生徒に学校に来てもらう必要があります。公立の小中学校などなら徒歩で行くことができるでしょうが、私立の学校などは自宅から離れている場合があります。幼稚園や保育園となると、一人での通園が難しいこともあります。そこで提供されるのが、スクールバスです。大学などであれば、主要駅と大学、大学の校舎同士を結ぶ路線などがあります。幼稚園などだと、通園する子供に合わせて一定地域を循環します。それぞれある程度時刻表を元に運行されています。スクールバスの利用者のために、バスナビサービスが提供されることがあります。基本的に、利用するのはバスの利用が認められている人だけです。提供する学校にもよりますが、サイトに入るにはパスワードなどを入力しないといけない場合があります。誰でも利用できるわけではありません。

車両に付けたGPSにより現在地を把握。いつでもどこでも車両の位置を確認できる! クラウドサービスで業務効率化・信頼アップ!ドライバーの負担軽減! お電話でのお問い合わせは月曜日~金曜日の10時~17時まで。 ドコモのクラウドサービスだから全国どこでも利用可能。 人手が足りなくてもデータが一元管理できるので効率的。 サービスに関する相談・お問い合わせ窓口を一本化!サポート体制は万全です。 バスナビの導入をお考えの方はこちら!